ローリスクで始める不動産投資とは?不動産投資のメリットとデメリットも併せて解説

今回の記事は、ローリスクで始める不動産投資とは、という記事をお届けします。
この記事をご覧の方は、これからまさに不動産投資を始めようとしている人、すでに不動産投資を始めている人、投資を何にするか検討している人、様々な方がいらっしゃると思います。


本記事の結論から申しますと、不動産投資はメリット・デメリットを踏まえご自身の負えるリスク範囲内で投資を行えばローリスクで始めることが可能です。

せっかく不動産投資を始めても、赤字続きでやむなく売却など失敗は避けたいですよね。
まずは、不動産投資とは、そのメリット、デメリットに関して、そして少しでもローリスクの堅実な投資になるように解説していきたいと思います。

そもそも不動産投資とは?

不動産投資は、不動産を購入しそれを使いたい人に貸し出すことで賃料を得る投資の手法のことです。
不動産投資の投資先としてよく連想されるのが区分マンション投資とアパート/1棟マンション投資です。
その他に、テナント、駐車場、クラウドファンディング、民泊などの方法もありますが、今回は区分マンション、アパート/1棟マンション投資の話で進めていきたいと思います。

1.不動産投資における収益の上げ方

不動産投資における収益の上げ方は大きく2つあります。

賃料収入を得る方法売却益を得る方法賃料収入を得る方法ですと、貸し出した不動産から賃料収入を得る方法です。
具体的には、月額賃料が10万円の物件を持っていると、年間で120万円が賃料収入になります。(税金は未考慮)
売却益を得る方法ですと、買った物件が3,000万円で、10年後に3,500万円に値上がりしていると売却益は500万円になります。(税金は未考慮)
とはいえ、現在はオリンピック需要もあり、都心を中心に不動産価格は上がっているのでこのまま上がり続けることを前提とした売却益を狙うのは少々難しいかもしれません。

(引用:国土交通省令和元年8月28日 住宅の不動産価格指数、54ヶ月連続して前年同月比で上昇)

2.不動産投資のメリット

不動産投資のメリットは下記が挙げられます。収益をあげてくれる節税ができるレバレッジを掛けることができる生命保険代わりになる

2-1.収益をあげてくれる

こちらは先程記載しましたように、賃料収入、家賃収入をあげてくれるところが不動産投資のメリットです。

2-2.節税対策になる

不動産を持つことで節税することが可能です。
不動産投資は物件購入後の減価償却費や固定資産税などを費用(経費)算入することが可能です。
その他にも、不動産投資を行うためにかかった費用として、不動産投資ローンの借入金利や修繕費・管理費、火災保険料などを費用として計上できます。

2-3.レバレッジを掛けることができる

不動産投資が他の投資と大きく異なるメリットはここに有ると言えます。
レバレッジ、要はご自身の手持ちのお金ではなく、銀行からの借入金で投資をすることができます。
他の投資、例えば株式、FX、など伝統的な投資手法はありますがいずれも銀行からお金を借りて投資することはできません。
元手がなくてもご自身の年収の何倍にもなる不動産を、銀行借入れで投資することができるのは大きなメリットです。

2-4.生命保険代わりになる

最後に、不動産投資を行った際に銀行から借り入れをしますが、原則団体信用生命保険に無料で加入することができます。
団体信用生命保険とは、借り入れ人の方が万が一返済期間中になくなった場合、もしくは高度障害状態になった場合にローンの返済が免除される保険です。
つまり、返済途中に万が一の状態になっても不動産は残り、債務は免除されます。なので不動産投資は生命保険代わりになると言われる所以です。

3.不動産投資のデメリット

不動産投資のデメメリットは下記が挙げられます。物件選び、管理会社、ローン付け、出口戦略など検討事項が多い売りたいときに売れないリスクがある空室リスクがある。

3-1.物件選び、管理会社、ローン付け、出口戦略など検討事項が多い

不動産投資は検討すべきことが多いです。不動産会社からの提案だけでなく、ご自身で物件の精査も必要ですし、物件を買った後の賃料が入るか、修繕は問題ないかの管理の面、ローンの金利や期間は良いか、最後に売却はいつすべきかなど考えることが多いです。
いかなる投資も勉強する面が大いにありますが、他の投資以上に検討事項が多いことはデメリットの一つと言えるでしょう。

3-2.売りたいときに売れないリスクがある

不動産は株やFXと違って流動性が低い点があります。要は売りたいときに、売りたい価格で売却が難しい点です。

3-3.空室リスクがある

不動産投資が成功する前提として空室でなく入居者がいることが前提になります。つまり、入居者がいない場合はその間無収入になります。
ローンを借りていればその分の返済は発生しますので、空室時の無収入はリスクになります。

まとめ

以上のように不動産投資にはメリットと、デメリットがあります。
デメリットの方はご自身の情報収集、汗をかくことで一定度避けることができます。
なので、買う前の勉強、買った後の勉強は成功のためには欠かすことができないと言えます。
メリット、デメリットのご理解はこの記事でできると思いますが、不動産投資を始めたての場合は実際の物件選び、管理会社選びはある程度不動産会社に任せるしかない点もあります。

ただ、一点不動産投資をすることでどのくらいのリターンを得たいかは、はじめの購入金額である程度コントロールが可能です。
要はご自身の無理のない範囲内での購入をすることです。
不動産は大きな買い物です。大きな買い物の際は、人の金銭感覚は麻痺しがちです。
ご自身でもいくら位が適切な投資金額かわからない状態で不動産投資を検討し営業マンの言われるがまま買ってしまって後の祭り。
このケースが昨年の不正融資問題に絡んできます。
もし、今後不動産投資をローリスクで望む投資をしたい場合、 まずは自分がリスクを負える範囲内の購入金額を把握することが大事です。

これから初めて不動産投資をする方、すでに不動産投資をしていて次に購入を検討している方、まだ投資の方法を検討している方も、まずは是非自分のリスク許容度を把握してみてはいかがでしょうか。

この記事をお読みになった機会に、これから初めて不動産投資をする方、すでに不動産投資をしていて次に購入を検討している方、
まだ投資の方法を検討している方も、まずは是非自分のリスク許容度を把握してみてはいかがでしょうか。

バウチャーを発行する

頭金0円、無理ない借り入れ金額を1.575%〜

以下のような方におすすめ
バウチャーを発行する

頭金0円、無理ない借り入れ金額を1.575%〜