不動産の買取とは?買取査定と仲介査定の違いと選び方を解説

不動産を売却したいと思って不動産屋さんに売却の相談をするとまず価格の査定をされますが多くは仲介査定の方法を取ります。

一方で買取査定という方法で不動産を売却する方法があることはご存知でしょうか。

今回は、不動産の買取とは?買取査定と仲介査定の違いと選び方を解説していきます。

なお、本記事を執筆しているモゲチェック不動産投資では不動産の買取査定も仲介査定も1度の申込みでご利用いただけます。

買取査定と仲介査定一緒に比較することで、売却利益の最大化を図ってみませんか?

>>無料売却査定はこちら

不動産の買取とは

不動産の買取とは、売り主の持っている不動産を直接不動産会社が買取する方法です。

不動産において買取は一般的では無いですが、中古車の買取、ブランド品の買取であれば馴染みがあるのではないでしょうか。

通常の不動産売買でイメージされる仲介であれば、市場に売り主の物件を希望売却価格にて売出しをしていきますが、買取であれば売り主と買取業者の間で交渉が成立すればすぐに買い取ってくれるため早期現金化ができる点が特徴です。

買取査定とは

不動産の買取は、買取業者が売り主の物件を直接買取ることを説明しました。

買取査定とは、売り主に対して買取業者が確実に買い取れる金額を提示するものです。

つまり、提示された金額で売り主が納得できれば現金化できるということです。

不動産の仲介とは

不動産の売却で一般的な仲介とは、仲介業者(不動産会社)を経由して、不動産を購入したい買主(主に一般の方)を探して売買をするものです。

売り主にとって、少しでも高く売りたいニーズがあると思いますが、買取と異なりすぐに現金化することは難しいですが、納得の行く価格で売却できるまで依頼をかけておくことができます。

仲介査定とは

仲介査定とは、仲介業者が売り主の物件を市場で売却すればこの金額程度で売却できるであろう金額で査定するものです。

売り主の売却の意向もある程度沿って売却活動をしてくれますが、注意点としては高めの金額をあえて設定することで買い主がつかず結果いつまでも売れないので大幅に価格を下げざるを得なくなることもあります。

価格の妥当性を図るためにも1社のみならず複数社査定をするほうが良いと言われるのはそのためです。

>>無料売却査定はこちら

買取の特徴及びメリット

不動産の買取の特徴及びメリットはこちらです。

  • 確実に買い取ってもらえるため早期現金化が可能
  • 仲介手数料が不要
  • ローン特約なし
  • 契約不適合免責(瑕疵担保責任)

それぞれ具体的に見ていきます。

確実に買い取ってもらえるため早期現金化が可能

買取業者が買い取れる金額を提示してくれるため、確実に売却でき早期現金化をすることができます。

差し迫ってまとまった現金が必要なときには活用するメリットが大きいでしょう。

仲介手数料が不要

不動産の売買に関して、仲介業者が間に入ることで仲介手数料が発生します。

仲介業者が間に入ると、売り主に成約価格×3%+6万円がかかることが通常なので、3,000万円であれば96万円の仲介手数料が必要になります。

買取では買取業者が直接買い取るので、仲介業者を挟む必要が無いため仲介手数料は不要になります。

 

ローン特約なし

仲介で売却するとき、買い主の多くは個人のお客様になります。

個人のお客様だと現金で一括で購入できる場合には問題ないですが、多くは不動産投資ローンや住宅ローンを借り入れして不動産を購入することになります。

借り入れがスムーズにできればこちらも問題ないですが、できないこともありローン特約を設定することが多いです。

ローン特約を設定されると、あらかじめ予定していた融資が金融機関等によって承認されなかった場合には、買い主は不動産を購入する契約を解除して、契約を白紙に戻すことができます。

買取の場合は、買取業者が現金で買い取ってくれるのでローン特約の心配がなくローンが借りられないので契約が白紙になる心配がありません。

契約不適合免責(瑕疵担保責任免責)

不動産を売却するときに、売り主は契約不適合責任をもつことになり、通常2年間は見えなかった瑕疵が発覚した際の責任をおうことになっています。

一方で買い主が買取業者の場合、相手はプロになるため契約不適合免責になり売り主としては安心して売却することができます。

 

買取のデメリット

買取のデメリットとしては、現金化できる金額での買取をするので金額を10〜30%程度低く査定をされてしまうことです。

買取業者が買い取った物件をその後どうするかというと、リフォームやリノベーションを実施してバリューアップして市場に売りに出します。

売り主の希望通りの高めの価格で買い取ってしまうとその後の買取業者の利益を出しにくくなってしまうためどうしても買取の場合は価格が下がることは認識しておきましょう。

買取と仲介どっちが良いか

買取と仲介どっちが良いかは悩ましい問題です。

それぞれ向いている場合は以下のとおりです。

買取が向いている場合

  • 早期現金化をしたい場合
  • 過去仲介で査定したものの買い主がつかなかった場合

買取に関しては確実に買い取ってくれるため早期に現金化したい場合には活用メリットは大きいでしょう。

また、過去仲介にて売却活動を行ったこともあり、1年以上売れなかった場合は買取にて対処することも検討しましょう。

1年仲介で活動して売れなかった物件は、築年数が古い、旧耐震の物件、告知事項があるなど買い主が敬遠する問題がある事が多いからです。

仲介が向いている場合

  • ゆくゆく高値で売却できればいいと思っている場合

今すぐに現金化する必要がなければあえて相場よりも安い金額で売却する必要は有りません。

また投資物件で空室でもなく賃料が安定的に入ってくるのであれば賃料を受け取りつつ売却できるタイミングを伺えばよいでしょう。

時間がかかっても高値で売却できる可能性を探るのであれば仲介にて売却をしていきましょう。

まとめ 買取と仲介の違いを抑えて戦略的に売却活動をしよう

今回は、不動産の買取とは?買取査定と仲介査定の違いと選び方を解説していきました。

買取も仲介もそれぞれのメリット・デメリットがあります。

せっかく買った不動産は誰しも少しでも高値で売却したいと願うものです。

不動産を高く売るためのコツとしては、最低いくらで売却できるのかを買取査定で確認し、高値売却を狙う仲介査定と合わせて検討していくことでしょう。

なお、本記事を執筆しているモゲチェック不動産投資では不動産の買取査定も仲介査定も1度の申込みでご利用いただけます。

買取査定と仲介査定一緒に比較することで、売却利益の最大化を図ってみませんか?

>>無料売却査定はこちら