家賃収入がある場合、所得が一定額を超えると、サラリーマンでも確定申告が必要です。適切な申告を行えば、大きな節税効果を期待できる場合もあるでしょう。確定申告が必要になる条件や申告の手順、課税の仕組みを解説します。

【目次】

家賃収入の確定申告が必要となる条件

家賃収入のあるサラリーマンの場合

家賃収入の所得の種別は?

収入と経費の計算方法

家賃収入の確定申告に必要な書類

家賃収入は正しく確定申告を行おう

家賃収入の確定申告が必要となる条件

不動産経営により入居者から賃料を受け取っている場合は、確定申告しなければならない可能性があります。申告すべき条件や時期について解説します。

年間20万円を超える所得がある場合

自分が所有する物件の入居者から家賃収入を得ている場合、年間課税所得が20万円を超えていれば確定申告しなければなりません。収入から必要経費を差し引いたものが『所得』です。

アパート経営で年間30万円の家賃収入を得たケースでは、経営にかかる経費を全く計上しなければ、確定申告が必要です。合計15万円の経費がかかっていれば、課税所得は20万円を超えていないため、確定申告する必要はありません。

所得にはいくつかの種類があり、家賃収入での所得は必要経費が認められています。所得税を算出する際に用いられるのは、収入ではなく所得の金額です。

確定申告の時期と対象となる期間

確定申告とは、1年間の収支を全てまとめて課税所得を算出し、納税すべき金額を国へ報告する手続きです。確定申告を行う前年の1月1日から12月31日までの期間が、確定申告の対象期間となります。

確定申告を行う時期は、原則として2月16日~3月15日です。確定申告書などの必要書類を準備し、管轄の税務署に設けられた確定申告会場で提出します。e-Taxを利用できる環境なら、税務署へ足を運ばなくても申告が可能です。

申告すべき時期を過ぎても手続きはできますが、延滞税などのペナルティーを科せられる可能性があります。決められた期間内にきちんと手続きできるよう、前もって準備しておくことが大事です。

家賃収入のあるサラリーマンの場合

年末調整を受けるサラリーマンも、家賃収入があれば確定申告する必要があります。税金の支払い方法もチェックしておきましょう。

年末調整では対応不可

サラリーマンの給与に関する所得税額の調整は、年末調整で行われます。年末調整は会社に課せられた義務であり、給与以外に収入がなければ、サラリーマンが自分で確定申告を行う必要はありません。

しかし、家賃収入があるサラリーマンは、給与とは別に家賃収入の分を確定申告する必要があります。給与所得とまとめて、年末調整で会社側に対応してもらうことは不可能です。

不動産の賃貸で得た所得は、申告することで給与所得と合算され、その年の課税所得として確定します。不動産を売却したり贈与を受けたりした場合も、年末調整とは別に確定申告しなければなりません。

所得税と住民税の支払い方法

給与所得にかかる所得税は、給与から天引きされています。しかし、家賃収入での所得にかかる所得税は、自分で納付手続きを行わなければなりません。

所得税の納付手続きは、さまざまな方法が用意されています。現金納付・振替納付・電子納税・クレジットカード納付から選択が可能です。

住民税の納付方法は、『特別徴収』と『普通徴収』の2種類です。給与所得にかかる住民税は、特別徴収により給与から天引きされます。

家賃収入にかかる住民税は、特別徴収と普通徴収のどちらかを選択することが可能です。確定申告書B第二表の『住民税』欄にある『自分で納付』にチェックを入れておけば、後日送られてくる納付書により、普通徴収の形で支払えます。

チェックを入れなければ、給与分の住民税と一緒に給与から天引きされます。家賃収入を得ていることを会社に知られたくない場合は、注意が必要です。

家賃収入の所得の種別は?

不動産経営の確定申告で迷いがちなのが所得の種別です。どのような基準で区分を決めればよいのか確認しましょう。

雑所得または不動産所得

所得の種類は、税法上では10種類に分類されます。不動産を貸し付けて家賃収入を得る場合の所得は『不動産所得』です。土地のみの賃料も不動産所得になります。

ただし、まかない付きの下宿として貸し付けている場合は、食事の提供が役務とみなされるため『雑所得』にしなければならないでしょう。有料駐車場で得た所得も、保管責任をともなうことから、雑所得扱いとなります。

所得の種別が不動産所得と雑所得のどちらに該当するかは、明確な決まりがありません。基本的には不動産所得として申告できますが、不安な場合は管理会社や税務署に相談しましょう。

事業的規模とみなされる基準

所有する物件の部屋数や棟数が多い場合は、不動産経営が事業的規模とみなされ、所得の種別を『事業所得』として扱える可能性があります。

事業的規模であるかどうかは、『5棟10室』を基準とするのが一般的です。5棟10室とは、棟数なら5棟、部屋数なら10室を貸し付けている状態を指します。

5棟10室基準では、1棟=2室と計算することが可能です。例えば、一戸建て物件3棟とアパート4室から賃料を得ているなら、5棟10室をクリアしているとみなされます。

不動産所得を事業所得として扱えれば、税制面で大きな優遇を受けられます。節税のメリットを最大化するためには、『青色申告』で確定申告しなければなりません。

不動産所得の場合は青色申告が可能

確定申告の種類には、白色申告と青色申告の二つがあります。雑所得の場合は白色申告しかできませんが、不動産所得なら青色申告が可能です。

白色申告に比べ、青色申告には多くのメリットがあります。白色申告の控除額が100,000円であるのに対し、青色申告の特別控除額は要件を満たせば最大650,000円です。

青色申告では、所得の赤字分を3年まで繰り越せます。黒字の年に繰越控除で赤字を差し引けるため、建物の修繕により赤字になったケースで有効です。

ほかにも、家族への給与を経費計上できる『専従者給与控除』や、300,000円未満の資産を取得した年に全額経費にできる『少額減価償却資産の特例』などがあります。

収入と経費の計算方法

課税所得を計算するための収入と必要経費には、どのようなものが該当するのかを解説します。税額計算の考え方や減価償却費についても確認しておきましょう。

課税される収入となるもの

課税対象となる所得は、収入から必要経費を差し引いたものです。経費を差し引く前の収入は、家賃収入が大半を占めますが、家賃以外にも収入として計上するものがあります。

入居者に返還する必要のない敷金・保証金や、頭金などの名目で受け取るもの、名義書換料・承諾料・更新料は、家賃以外に計上する収入です。

敷地内に自動販売機や月極駐車場がある場合も、そこからの収入があれば含めなければなりません。共益費として受け取る電気代・水道代・掃除代なども同様です。

経費扱いできる支出

固定資産税や都市計画税など、不動産にかかる税金は経費にできます。住宅の建築費・購入費・リフォーム代は、減価償却費として耐用年数に応じた費用を計上するのが基本です。

管理費や修繕積立費、賃貸経営に関して使用した水道光熱費・消耗品・通信費、物件の確認や管理会社との打ち合わせで発生した交通費も経費計上できます。

住宅ローン返済額は、建物に関する利息分のみ計上可能です。土地に関する利息分や元本は経費にできません。個人的な費用や所得税・住民税も、経費の対象外です。

所得税は他の所得と合算して計算

10種類の所得は、他の所得と合算する『総合課税』と、所得ごとに課税される『分離課税』に分けられます。不動産所得・事業所得・雑所得は、全て総合課税です。

給与所得も総合課税に分類されるため、不動産経営で得た所得は給与所得と合算し、合計した金額をもとに所得税を計算します。

日本の所得税の課税方式は、所得が多くなるほど税率も高くなる累進課税方式です。課税所得額が195万円以下なら税率は5%、195万円超330万円以下なら10%などと、所得額に応じて税率が設定されています。

減価償却費に注意

高額かつ長期間使用する固定資産は、取得費用を何年かに分け、減価償却費として経費計上します。不動産の場合は、建物のみ減価償却の対象となります。

建物の減価償却費は、耐用年数に応じて計算するのが一般的です。耐用年数が20年なら、建物の購入費を20に分割して毎年経費計上します。

減価償却費を適切に設定できれば、複数年にわたり大きな金額を経費にできるため、高い節税効果につながるでしょう。青色申告者なら、購入費が30万円未満の設備費などを、1年分の経費として一括計上できます。

家賃収入の確定申告に必要な書類

確定申告ではさまざまな書類の準備が必要です。直前になって慌てないように、前もって用意しておきましょう。

確定申告書B

確定申告書の種類には、AとBの二つがあります。事業所得や不動産所得の確定申告を行う際に使用するのは、確定申告書Bです。

確定申告書Bは、白色申告と青色申告のどちらでも使えます。白色申告の場合は『収支内訳書』、青色申告では『不動産所得用の青色申告決算書』を、申告書と併せて作成しなければなりません。

青色申告を行うためには、前もって管轄の税務署に申請しておく必要があります。翌年分から青色申告をしたいなら、白色申告をする際に、『青色申告承認申請書』も一緒に提出するのがおすすめです。

その他の必要書類

サラリーマンの場合は、勤務先から入手できる源泉徴収票が必要です。不動産経営で得た所得と給与所得を合算するために使用します。

不動産関連の書類に関しては、不動産売買契約書・賃貸契約書・家賃送金明細書・売渡精算書などを用意しましょう。いずれも不動産会社から入手できます。

経費を証明する書類として、税金の納付通知書・借入返済表・修繕の請求書や領収書・譲渡対価証明書なども必要です。損害保険料の証券や領収書など、控除関連の書類も忘れずに準備しましょう。

家賃収入は正しく確定申告を行おう

不動産経営で得た所得が20万円を超えた場合は、確定申告が必要です。年末調整を受けるサラリーマンも、家賃収入があるなら確定申告しなければなりません。

家賃収入の所得の種別は、不動産所得・雑所得・事業所得のいずれかに該当します。収入・経費にできるものや、準備すべき書類について理解し、適切な確定申告を行いましょう。

最後に、モゲチェック不動産投資では、ご自身がいくらまで借り入れできるかを判定するバウチャーサービスを提供しています。

「不動産投資を検討しているが、いくら融資を受けられる?」

「どの不動産会社に相談すればいい?」

こうしたお悩みのある方はこちらからご利用下さい。無料でご利用頂けます。

>>無料で借入可能額を把握する

借り換えを検討されている方はこちらから。国内最低水準1.575%のローンで借り換えできるか、借り換えするメリットがあるかどうかを無料で診断いたします。

>>>無料Web診断を利用する

【関連記事】

>>不動産投資にかかる税金とは?

>>不動産投資に確定申告は必要?やり方や経費について解説

>>マンション経営のメリット・デメリット