不動産投資を成功させるためには、信頼できる不動産仲介業者を選ぶことが重要です。探し方のポイントを押さえておけば、不利な物件を売りつける悪徳業者の見極めにも役立つでしょう。不動産仲介業者の重要性や業者探しのコツについて解説します。

なお、本記事を執筆しているINVASE(インベース)では、ご自身がいくらまで借り入れできるかを判定するバウチャーサービスを提供しています。

「不動産投資を検討しているが、いくら融資を受けられる?」、「どの不動産会社に相談すればいい?」

こうしたお悩みのある方はこちらからご利用下さい。無料でご利用頂けます。

>>無料で借入可能額を把握する

借り換えを検討されている方はこちらから。国内最低水準1.575%のローンで借り換えできるか、借り換えするメリットがあるかどうかを無料で診断いたします。

>>無料Web診断を利用する

【目次】

不動産仲介業者の役割

不動産仲介業者の選び方

こんな仲介業者には注意

良い業者を見極めるために必要なこと

信頼できる仲介業者選びが重要

不動産仲介業者の役割

不動産仲介業者とは何か、まずは基礎知識を理解しておきましょう。取引における役割や具体的な業務内容について解説します。

買い手・売り手双方をサポート

不動産仲介業者は、不動産の売買に関し、買い手と売り手の双方を手助けする立場の業者です。それぞれの仲介役として、双方が納得する形で契約できるようにサポートします。

不動産を売却したい多くの人にとって、自分で買い手を探し、適正価格で売るのは困難でしょう。しかし、不動産仲介業者に売却を依頼すれば、売却価格の査定や販売・宣伝活動を代行してくれます。

不動産を探している人にとっても、不動産仲介業者はありがたい存在です。買い手の希望条件に合った物件を紹介し、物件の下見に案内してくれる上、売り手との交渉も行ってもらえます。

不動産取引が円滑に進むように支援

買い手と売り手との間で売買の意思決定がなされたあと、売買契約の取引が円滑に行われるように支援するのも不動産仲介業者の役割です。

物件を安全に取引するためには、さまざまな手続きや契約書類が必要です。不動産仲介業者に頼めば、双方に関わるこれらの業務を全てサポートしてもらえます。

トラブルや損害が発生した際に解決してもらえる点もメリットです。引き渡しや決済手続きの場面でも、間に立って調整してくれます。

不動産仲介業者を利用する際、取引が成立したら仲介手数料を支払わなければなりません。手数料の金額には上限が定められており、負担者や金額は取引ごとに決められます。

不動産仲介業者の選び方

個人が投資用物件を探す場合は、不動産仲介業者を利用するのが一般的です。どのようにして業者を見つければよいのか、具体的な選び方について解説します。

業者を探す手段

不動産仲介業者を最も効率よく選ぶ方法は、ネットによる検索です。投資用物件を扱う会社のほとんどは、自社のウェブサイトで物件情報を紹介しています。

『不動産投資+会社』『投資物件+(地域名)』といったキーワードで検索すれば、ポータルサイトや業者のウェブサイトが見つかるでしょう。良さそうな業者があれば、そのまま物件を探すことも可能です。

最初に物件から探し、条件に合った物件の取扱業者について調べる方法もあります。エリアを決めている場合は、その地域にある投資物件から業者を探すのがおすすめです。

ネットによる検索以外に、自宅や職場の近くで業者を探す手段もあります。実際に足を運び、ネットでは得られないような情報を入手できる点がメリットです。

口コミやセミナーなどで情報収集

ネット上の口コミサイトを閲覧すれば、実際に業者を利用した人による生の声を参考にできます。知り合いに業者を利用した人がいるなら、評価を聞いてみるのもよいでしょう。

不動産仲介業者が実施するセミナーに参加する方法もあります。不動産投資について勉強できるだけでなく、主催する業者の特徴や考え方、会社の雰囲気などをチェックすることが可能です。

セミナーに参加し好感触が得られたら、セミナー終了後の個別相談で業者とつながりを作っておくのがおすすめです。非公開情報を優先的に提供してもらえることもあります。

営業マンの熱意や相性も重要

不動産仲介業者にアプローチすると、基本的には担当の営業マンがつきます。投資物件売買の成否は営業マンに大きく左右される側面があるため、自分を担当する営業マンの見極めも重要です。

同じ業者に所属する営業マンでも、資格の有無や知識量、業務の進め方などに差があります。実際に話をして感じた熱意や相性も重視する必要があるでしょう。

営業マンから有益な情報を引き出すためには、希望物件の具体的な条件を伝えた上で、購入の意思があることも示さなければなりません。自分の熱意が伝われば、相手からもより具体的かつ質の高い情報を得やすくなります。

こんな仲介業者には注意

不動産仲介業者の中には、利益が出にくい物件を売りつける業者も存在します。怪しい業者の主な特徴を知り、業者選びに役立てましょう。

良い点ばかり強調する

物件を紹介する際に、物件の良い点ばかりを強調する業者は、悪徳業者である可能性が高いでしょう。不動産投資にはメリットだけでなく、さまざまなリスクも伴うためです。

利回りの高さを過度に強調する業者は特に注意が必要です。高利回りだからといって優良物件であるとは限らず、利回り以外の要素に魅力がない可能性も十分に考えられます。

節税効果の高さを謳う業者も同様です。不動産投資では、利益が大きくなるほど所得税の節税効果は低くなります。相続税や贈与税の節税も限定的なものであり、投資目的になるようなことではありません。

リスクを伝えない

不動産投資を成功させるためには、リスクをきちんと理解した上で、適切な対策を講じることが重要です。不動産投資に限らず、リスクがまったくない投資は存在しません。

しかし、中にはリスクを事前に伝えない不動産仲介業者が存在します。リスクに関する説明がまったくない業者には注意が必要です。

不動産投資のリスクには、空室リスクや家賃下落リスクなど経営上のリスクや、物件の瑕疵によるリスクなどがあります。特に物件の瑕疵については告知義務が定められているため、意図的に説明が省かれているようなら気を付けましょう。

良い業者を見極めるために必要なこと

不動産仲介業者を安易に探してしまうと、悪徳業者に不良物件をつかまされてしまう結果にもなりかねません。優良業者を探すためにチェックしておきたいポイントを紹介します。

不動産投資に関する知識を持つ

信頼できる不動産仲介業者を見つけるためには、不動産投資の知識を身に付けることが大切です。基本的な知識を持っておくだけでも、悪徳業者の見極めに役立つでしょう。

不動産投資の基礎を勉強しておけば、業者に対して適切な質問を投げかけられます。疑問点や不安点を納得しながら解消していくことで知識が深まるため、投資の成功率アップにもつなげられます。

親身になって対応する業者なら、ある程度の知識を身に付けた状態で相談すれば、より有益な情報を提供してくれるでしょう。優良物件を紹介してもらえるケースもあります。

自分の基準を定める

不動産仲介業者はそれぞれに得意分野があります。業者を探す前に自分なりの基準を定めておけば、数多くの業者から自分に合った業者を探しやすくなるでしょう。

例えば、中古物件を中心に物件を探したい場合は、中古物件をメインに取り扱う業者を利用するのがおすすめです。自分のスタイルをより細かく設定すれば、さらに業者を絞りやすくなります。

自分の基準を決めておくことは、業者に対し購入意思をより強く示せる意味においても重要です。希望条件が具体的であればあるほど、業者も物件探しに力を入れてくれます。

複数の業者を比較する

業者を探す際は、1社の情報を精査するだけでなく、複数の業者を比較することも重要です。最低でも3社程度をピックアップし、営業マンの質や業者の考え方などを比べることで、優良業者を見つけやすくなります。

複数の業者を比較する際は、規模の異なる業者を選ぶのがポイントです。大手・中堅・地場の3種類に分けて比較するとよいでしょう。

インターネットで検索すると、どうしても大手ばかりに着目してしまいがちです。大手はブランド力による信頼感の高さが強みの一方で、営業マンの対応が粗くなったり、地場の業者に比べローカルの情報に乏しかったりというデメリットもあります。

信頼できる仲介業者選びが重要

不動産仲介業者とは、物件の買い手・売り手の間に立って、マッチングや取引をサポートする業者です。収益性の高い物件を探すためには、信頼できる業者選びが重要といえます。

良い業者を見極めるためには、不動産投資に関する知識を身に付けることや、自分の投資スタイルを定めておくことが大切です。悪徳業者に注意しながら、自分に合った仲介業者を見つけてみましょう。

最後に、インベースでは、ご自身がいくらまで借り入れできるかを判定するバウチャーサービスを提供しています。

「不動産投資を検討しているが、いくら融資を受けられる?」

「どの不動産会社に相談すればいい?」

こうしたお悩みのある方はこちらからご利用下さい。無料でご利用頂けます。

>>>無料で借入可能額を把握する

借り換えを検討されている方はこちらから。国内最低水準1.575%のローンで借り換えできるか、借り換えするメリットがあるかどうかを無料で診断いたします。

>>>無料Web診断を利用する

【関連記事】

>>不動産投資ローンはどの銀行がオススメ?金利や審査基準を比較

>>不動産投資詐欺とは?悪徳業者に騙されないために

>>不動産投資は勉強が不可欠。初心者が身に付けるべき知識とは?