不動産投資を始める前に、専門用語や基礎知識を勉強しておけば、スムーズに取り組みを始められるでしょう。物件選びや経営も的確にできるようになります。初心者が最初に勉強すべき内容や、おすすめの勉強方法を紹介します。

【目次】

不動産投資の成功には知識が不可欠

まず身に付けるべき内容

おすすめの勉強法

投資成功につながる勉強のコツ

不動産投資を始めた後も勉強を継続しよう

不動産投資の成功には知識が不可欠

適切な選択や判断を行う上で、多くの専門用語や専門知識が必要な不動産投資では、知識の習得が欠かせません。しっかりと収益を上げたいなら、最優先で勉強に取り組みましょう。

専門用語や専門知識が多い

不動産投資では数多くの専門用語を使います。利回り・キャッシュフロー・フルローン・サブリース・レバレッジ効果など、専門家なら普通に使う言葉でも、初心者には分かりにくいものばかりです。

専門的な知識が多いのも特徴です。物件選びのポイントや資金繰りのコツ、投資の種類ごとのメリットやリスクなど、経営を進めるために知っておくべき知識が多々あります。

専門用語や専門知識が身に付いていなければ、業者とも満足に会話できません。言われるがままに物件を選び、意味も分からずに失敗してしまう可能性が高くなります。

不動産投資を始める際は、少なくとも業者が話している内容が理解できるレベルまでは、知識を得ておく必要があるでしょう。

多くの選択肢から適切な判断が必要

不動産投資では、選択を迫られる場面が多々あります。数ある選択肢から適切な判断ができなければ、その後の展開が思うようにいかないケースもあるでしょう。

しかし、知識がなければ自分で選択基準を持つことすらできません。何が良くて何が悪いのか分からないため、他人任せにしたり、直感に頼ったりしてしまいます。

自分にとって最も適切な選択肢は、結局自分にしか選べません。『何が適切なのか』を考えるのと同時に、『どのようにしたいのか』も反映させなければならないからです。

業者は自社の利益も考える必要があるため、相談しても最適なアドバイスを受けられない可能性があります。自分で判断できるようになるためにも、知識を身に付けるのは重要です。

まず身に付けるべき内容

不動産投資の勉強では、専門用語と投資の種類や特徴を最初に学びましょう。お金に関する知識も不可欠です。

基本の専門用語

不動産投資の勉強では、最初に基本の専門用語を覚えましょう。インターネットのサイトや書籍を斜め読みすれば、どのような言葉がよく出てくるのかが分かります。

初めて見た用語に対し、難しいと感じるのは当然です。言葉の意味を調べても、解説で何を言っているのかが分からないことも多いでしょう。

どうしても言葉の意味が分からない場合は、詳しい人に聞いてみるのもおすすめです。説明中に分からない言葉が出てきても、その都度説明してもらえます。

専門用語が分からなければ、その先の勉強もはかどりません。用語を覚えることで身に付く知識もあるため、まずは言葉を覚えることに専念しましょう。

不動産投資の種類と特徴

ある程度の用語を覚えたら、不動産投資の種類とそれぞれの特徴について学びましょう。不動産投資にはさまざまな種類があり、種類ごとに特徴が異なります。

不動産投資の中で代表的なものは、区分投資・一棟投資・戸建投資です。物件を購入し人に貸して家賃収入を得たり、物件を売買し差益を得たりして収益化を目指します。

ほかにも、駐車場投資・倉庫投資・借地権投資・底地投資などがあります。種類ごとの違いや特徴を知ることで、自分に合った投資方法を見つけやすくなる上、勉強も進めやすくなるでしょう。

金利や税金などお金に関する知識

不動産投資を行う場合、お金に関する知識は必須です。投資とはお金を動かしながら増やす営為であり、不動産投資に限らず、投資をするならお金に詳しくなければなりません。

特に不動産投資の場合は、金利や税金の知識が重要です。金利は住宅ローンを組む際に考慮すべき要素であり、税金は不動産投資のさまざまな場面で必要となります。

経費に関する知識を身に付けるのも大事です。収入から経費を引いた所得に対して課税されるため、経費を覚えることは節税にもつながります。

勉強する余力があるなら、会計分野の簡単な資格を目指すのもおすすめです。知識のない人との間に大きな差が生まれるでしょう。

参考>>不動産投資にかかる税金とは?

おすすめの勉強法

不動産投資の勉強方法としては、インターネットや書籍を活用した方法が主流です。まとまった時間が確保できるなら、セミナーや勉強会にも参加してみましょう。

インターネットを使って情報収集

不動産投資の勉強法として、最も手軽なのがインターネットを利用した方法です。初心者向けに多くのサイトが作られており、浅く広く知識を学ぶのに適しています。

不動産投資とはどのようなものなのか、覚えるべき言葉は何なのかなど、不動産投資の全体像を把握できます。知りたい情報を検索して探せる点もメリットです。

ただし、インターネット上には不確実な情報も数多く出回っています。サイトを閲覧する際は、情報発信元が信頼できるかどうかを確認するのが大切です。

また、物件購入などに誘導するサイトが多いのも特徴です。あくまでも情報収集の場だと割り切り、実際に取り組むまでは甘い誘いに乗らないようにしましょう。

専門書を読む

不動産投資に関する書籍を活用すれば、内容が体系的にまとめられているため、効率的な学習が可能です。1冊ずつ読み込んで自分のものにしていくことで、確実な知識を習得できます。

不動産投資の基礎をしっかりと身に付けたいなら、『知識ゼロからわかる 不動産の基本』がおすすめです。不動産コンサルタントが書いた書籍で、基本的な項目を分かりやすく学習できます。

『2時間で丸わかり 不動産の税金の基本を学ぶ』は、不動産の税金に関する知識に対して、理解を深められる書籍です。具体的な状況に分けて解説しているため、分かりにくい知識も理解しやすいでしょう。

セミナーや勉強会に参加

不動産投資を勉強する方法として、セミナーや勉強会に顔を出してみるのもおすすめです。不動産会社が、全国各地でセミナーや勉強会を実施しています。

ネットや書籍では学べない、最新情報を得られる点がメリットです。個別相談に対応している場合は、自分に合った投資プランなども一緒に考えていけるでしょう。

セミナーや勉強会は、オンラインで受講できるタイプもあります。会場までなかなか足を運べない場合は、オンラインセミナーをネットで探してみましょう。

投資成功につながる勉強のコツ

基礎知識が習得できた後は、現場に足を運び、生の物件で学びを深めましょう。最新情報や流行を学び続けることも大切です。

物件を訪問して学ぶ

ある程度の知識が身に付いたら、物件を訪問して自分の目で確認しながら学ぶのがおすすめです。インターネットや書籍では分からない、生の情報が得られます。

実際の物件を数多く訪問すれば、良い物件と悪い物件の違いが判断できるようになります。周辺を散策すれば、立地条件を判断できるようになるのもポイントです。

物件を訪問する際は、地元の不動産会社にも顔を出してみましょう。その地域の特徴や入居者の傾向など、不動産会社ならではの貴重な情報を入手できます。

最新情報やトレンドを学び続ける

基礎的な知識を身に付けながら、最新情報やトレンドにもアンテナを張ることが重要です。不動産投資には、景気・物価・人口・賃貸需要など、絶えず変動する重要な要素が数多くあります。

希望エリアが再開発されたり、不動産投資に関する重要な法律が改正されたりした場合は、新情報として確実に把握しておかなければなりません。

基本をマスターするだけでなく、最新の情報や流行にも敏感になりながら、常に勉強する姿勢を持ち続けましょう。

不動産投資を始めた後も勉強を継続しよう

不動産投資を成功させるためには、知識の習得が欠かせません。インターネットや書籍を使えば、専門用語や投資の種類、お金に関する内容を勉強できます。

セミナーや勉強会に参加したり、物件を訪問したりして学習するのもおすすめです。実際に投資を始めた後も、学ぶ気持ちを持ち続けながら情報収集に励みましょう。

最後に、モゲチェック不動産投資では、ご自身がいくらまで借り入れできるかを判定するバウチャーサービスを提供しています。

「不動産投資を検討しているが、いくら融資を受けられる?」

「どの不動産会社に相談すればいい?」

こうしたお悩みのある方はこちらからご利用下さい。無料でご利用頂けます。

>>>無料で借入可能額を把握する

借り換えを検討されている方はこちらから。国内最低水準1.575%のローンで借り換えできるか、借り換えするメリットがあるかどうかを無料で診断いたします。

>>>無料Web診断を利用する

【関連記事】

>>不動産投資に資格は必要?

>>不動産投資に確定申告は必要?やり方や経費について解説

>>マンション経営のメリット・デメリット