住宅ローン(特にフラット35)で不動産投資をしてはいけない3つの理由

昨今サラリーマンの副業ブームが起こっており、個人でも副業の一環として不動産投資を検討する方も増えてきました。

不動産投資を検討する中で、低金利な住宅ローンを借り入れして購入した物件で不動産投資をしようと考えている方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、住宅ローン(特にフラット35)で不動産投資をしてはいけない3つの理由を記事にします。

また、既に住宅ローンを借りていて不動産投資をしたい方は住宅ローンから不動産投資ローンへの借り換えも可能なので借り換えを行いましょう。住宅ローンで借りている物件を賃貸に出したい場合には、一度モゲチェック不動産投資の不動産投資ローン借り換え無料Web診断をご利用になってはいかがでしょうか。

>>不動産投資ローン無料Web診断はこちら

住宅ローンと不動産投資ローンと違い

住宅ローンと不動産投資ローンは資金用途が異なります。住宅ローンが自己居住用に貸し出されるローンである一方で、不動産投資ローンは事業用ローンとして貸し出しされるローンです。

その他にも、住宅ローンと不動産投資ローンでは、審査基準、金利条件等が異なります。

詳しくはこちらの記事にまとめていますのでぜひあわせてご覧下さい。

>>不動産投資ローンと住宅ローンの違いは何?上手に不動産投資ローンを借り換えする方法もご紹介

不動産投資ローンの比較サイトは見つかりにくい

住宅ローンは比較サイトがたくさんありますが、不動産投資ローンの比較サイトはほとんど存在しません。

この理由は、不動産投資ローンは不動産会社が集客したユーザーのみを対象に申し込みを受け付けることが一般的であり(いわゆる提携ローン)、一般ユーザーがネットで申し込めるようにしている金融機関が少ない点にあります。

なお、金利ランキングに関して独自に作成していますので、気になる方はご覧下さい。

>>不動産投資ローンはどの銀行がオススメ?金利や審査基準を比較

住宅ローンで不動産投資をしてはいけない3つの理由

住宅ローンを借りて購入した物件で不動産投資をしてはいけない理由は大きく3つあります。

  • 住宅ローンは投資用で貸し出すことが前提でないため貸し出すと不正利用になる
  • 不正利用になってしまうと銀行から一括弁済を求められる可能性がある
  • 住宅ローンで不動産投資を勧めてくる業者は悪徳業者の可能性が高い

不動産投資ローンよりも住宅ローンの方が金利が極めて低いため、住宅ローンで不動産投資をすることは大変効率的にあるように思えます。

たしかに、不動産投資ローンで不動産投資を行うよりも、住宅ローンで借りて不動産投資をするほうが金利が低い分ローン返済額が少なくすみ投資効率が上がります。

しかし、住宅ローンと不動産投資ローンでは資金用途が異なり、住宅ローンは不動産投資用に使ってはいけないため、住宅ローンのまま貸しに出すと不正利用になります。

住宅ローンは不動産投資用で貸し出すことが前提でないため貸し出すと不正利用になる

繰り返しになりますが、住宅ローンは不動産投資を行うために貸し出されるローンでは無いため、住宅ローンを借りて購入した物件で不動産投資を行うと不正利用になります。

住宅ローンを借り入れするときに、金銭消費貸借契約(金消契約)を結ぶことになりますが、その契約事項の中に貸し出しに関する条項が入っています。

とは言え、転勤によってやむなく住宅ローンで自宅を空けるケースがあるかもしれません。

その場合には貸し出してもいいかを銀行に確認をするようにしましょう。

自己判断で自宅を貸し出して、後から銀行に貸し出しの事実が発覚した場合、不正利用で一括弁済を求められることもありますので注意が必要です。

不正利用になってしまうと銀行から一括弁済を求められる可能性がある

住宅ローンは自己居住用に貸し出されるローンです。住宅ローンで不動産投資を行うことはは不正利用になるため、銀行から一括弁済を求められてしまうケースがあります。

一括弁済になると、通常ローンは何千万円と残っているためローンの支払を行うには、下記のどちらかを選択しなくてはなりません。

  • 住宅ローンで買った物件を売却する
  • 別資金を用意してローンを返済する

しかし、2つ目の別資金を用意してローンを返済することは容易ではありません。

住宅ローンで買った物件を売却することになった場合には、ご自身のタイミングでゆっくり売却先を探すというよりも、競売に近い形での売却になるため物件を買い叩かれる可能性もあります。

そうすると、売却資金で住宅ローンを返済しきれずに住宅ローンが残ってしまうケースがあります。住宅ローンで買った物件を手放すだけでなく、住宅ローンだけが残ってしまう、という悲惨な状態になります。

住宅ローンで不動産投資を勧めてくる業者は悪徳業者の可能性が高い

不動産投資は住宅ローンでできないことについて説明させていただきましたが、不動産業者の中には住宅ローンで不動産投資を勧めてくる業者もいます。

特に多い住宅ローンは、フラット35を利用した不動産投資の事例です。

そもそも不動産投資に使えないだけでなく、融資を引き出すために書類の改ざんを行うなど不正融資に発展するケースもあります。

不動産投資を行うにあたって、不動産会社選びは重要です。不動産投資を行うあなたのことを思っていれば住宅ローンで借入して不動産投資を行うことはまず勧めませんので、頭に入れておきましょう。

住宅ローンで購入した物件で不動産投資をする場合

住宅ローンで購入した物件で不動産投資をする場合に行う過程はこちらになります。

  • 現在の住宅ローンを借りている銀行に対象物件を賃貸にしたいことを伝える
  • 住宅ローンを不動産投資ローンに借り換えする

現在の住宅ローンを借りている銀行に貸し出したいことを伝える

住宅ローンで購入した物件で不動産投資をするためには、住宅ローンを借りている銀行に自宅を貸し出ししたいことを伝える必要があります。

ただ、やむを得ない事情(転勤など)に伴うものが基本になるため、不動産投資を行うために相談するのであれば銀行は受け入れてくれない可能性が高いので注意が必要です。

住宅ローンを不動産投資ローンに借り換えする

自宅の貸し出しに銀行が応じてくれない場合には、住宅ローンを不動産投資ローンに借り換えする必要があります。

その場合の注意点はこちらです。

  • 不動産投資ローンは住宅ローンより審査が厳しいので容易には借り換えできない
  • 不動産投資ローンの方が住宅ローンよりも金利が高い

2019年5月頃からフラット35の不正利用の取締が強化されたことに伴い、モゲチェック不動産投資でも住宅ローンから不動産投資ローンへの借り換えを希望するご相談も増えてきております。

もし住宅ローンを不動産投資ローンに借り換えしたい場合は、不動産投資ローンの借り換え無料Web診断をご利用に下さい。

>>不動産投資ローンの無料Web診断はこちら

住宅ローンが先か不動産投資ローンを借りるのが先かどっちがおすすめか

不動産投資に興味がある反面、マイホームの購入を検討される方も多いと思います。

よくある質問として、住宅ローンを借りるのが先か、不動産投資ローンを借りるのが先かというものがあります。

結論としては、不動産投資ローンよりも住宅ローンを借りることを優先したほうがいいです。

理由としては、住宅ローンはあくまでご自身の年収の何倍まで借りられるかが審査審査基準であるのに対し、不動産投資ローンの場合は事業用につき物件や事業計画によっては住宅ローンよりも借り入れできる上限額を柔軟に見てくれるケースもあるからです。

年収の何倍まで借りられるかに関して、1例をあげます。

住宅ローンの場合、年収500万円の方の住宅ローンの上限額はおおよそ8倍の4,000万円です。

一方、不動産投資ローンの場合、年収500万円の方の不動産投資ローンの上限額はおおよそ10倍の5,000万円です。

年収倍率の考え方には、既にローンを借りているか否かも上限額の計算に含まれるため、不動産投資ローンを借り入れしてから住宅ローンを借り入れしようと思った際には借り入れできないケースもあります。

まとめ 住宅ローンで不動産投資をしてはいけない

今回は住宅ローン(特にフラット35)で不動産投資をしてはいけない3つの理由を記事にしました。

バレなければいい、というものでなく不動産投資を行うのであれば住宅ローンでなく不動産投資ローンで行うことをお勧めします。

住宅ローンで不動産投資を行っておりそれが銀行にバレてしまった場合にはその銀行との取引もできなくなるでしょう。

もしこの記事をご覧の方で、今後不動産投資したいとお考えであればまずは不動産投資ローンがいくらくらい借り入れできるのか診断されてはいかがでしょうか。

モゲチェック不動産投資であれば、不動産投資を行いたいあなたの借入可能額を事前に把握し、不動産投資の意向に沿った不動産投資会社をご紹介します。

「不動産投資を検討しているが、いくら融資を受けられる?」

「どの不動産会社に相談すればいい?」

こうしたお悩みのある方はこちらからご利用下さい。無料でご利用頂けます。

>>無料で借入可能額を把握する

借り換えを検討されている方はこちらから。国内最低水準1.575%のローンで借り換えできるか、借り換えするメリットがあるかどうかを無料で診断いたします。

>>無料Web診断を利用する

【関連記事】

>>【年収別】不動産投資ローンの借り入れ可能額

>>不動産投資は頭金不要?頭金を用意するメリットとは

>>不動産投資ローン借り換え事例2 自宅を賃貸に出した物件を1.575%に借り換え

>>不動産投資ローン借り換え事例3 住宅ローンのまま賃貸に出してしまった物件を投資用ローンに借り換え